21世紀中に水資源の争奪戦が始まる?

no

人類は産業革命以来消費するエネルギー量を飛躍的に膨張させてきました。産業革命以前に比べるとその消費量は比較にならないほどに達しています。

また近年になるとアジアや中東などでも経済の伸長に伴うエネルギー需要が活発化しているため、ますますエネルギーの消費が進んでいるんです。

特にエネルギー消費量の伸びが著しいのがアジア、中でも中国とインドでしょう。中国はアメリカに次いで世界2位、インドは世界3位のエネルギー消費大国に躍り出ているそうです。

2,30年前までは数十年単位で枯渇すると言われていた石油や天然ガスなどの天然資源は、技術革新により従来使えなかった埋蔵資源を活用できるようになり、まだまだこれから先も付きることはないだろう、というのが最近の研究結果で明らかになってきたそうですが、資源がいくら残っていても地球自体がエネルギー消費からくる負担に耐え切れなくなる可能性が高いと私は思います。

温暖化ガスの排出によって地球の平均気温は今世紀末までに今よりも3~5度も上昇する可能性が指摘されています。そうなれば海水面は大幅に上昇し、大洋に浮かぶ島々の多くが海中に没するとも言われています。

また最近特に気になるのが水をめぐる議論です。

水車

世界中で砂漠化が進んでおり、水資源が近い将来不足するのでは?という観測が出ています。世界の人口が百億人を突破する今世紀中ごろには、世界中で水をめぐる戦争が起きているかもしれないと言うのです。

これは水資源が豊富な日本に住んでいるとなかなか実感できませんが、実際中国などでは工場からの排水・排ガスなどによる大地の汚染が進み地下水も汚染され、健康な生活に必要な水を使えない人達が増えてきているんです。

水は生物が生きていく上で何よりも重要な資源。しかも有限の資源です。今の日本ではまだ、水道水は塩素が入っていて怖いからウォーターサーバーを使うというくらいの危機感ですが、近い将来はもっと深刻な状況に追い込まれていくのかもしれません。
ウォーターサーバーの比較はこちら

保水地の保全や天候に左右されない水資源の確保、そして外国からの水資源争奪の動きに対する対抗措置など、水をめぐる戦いはすでに始まっているのかもしれませんね。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。